フィルム包材の包む仕事

ポリエチレン(PE)製品

包装材料として使われるポリエチレン(PE)はLLDPEとHDPEの2種が主流を占めています。インフレーションと呼ばれる機械でチューブ状に成形された原反を後工程にて様々に加工します。

材料の種類

  • LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)
    透明度が高く柔軟性、ヒートシール性に優れています。
  • HDPE(高密度ポリエチレン)
    耐熱性、耐油性、耐薬品性に優れています。LLDPEに比べ引っ張り強度は高いですが、裂けや突き刺し強度は低いです。

形  状

形  状

主な加工

着色 着色原料を使用する場合と全面印刷にて行う場合があります。
静電(帯電)防止 原料に静電(帯電)防止剤を混ぜて製造します。
印刷 グラビア印刷が主流。オフセット印刷に比べ、位置精度、色合わせが難しいため、写真等の掛け合わせ表現には向きません。
チャック付 口部にチャックを取り付け加工。
抜き加工 抜型にてレジ袋の手提部を抜いたり、穴あけや紐付きタイプに加工をします。

ラミネートフィルム製品

「ラミネート」とは、ある材料に異なる材料を貼り合わせることにより、各々が備える特長を活用すると同時に欠点を補い、新たな機能を持ったフィルムを製造する方法です。例えば、アルミ(アルミ箔)はバリア性能が優れた素材ですが、単体では簡単にシワが寄ったり破れたりするため、包装材料には適しません。しかし他のフィルムや紙をラミネートすることで強度が上がり、内側にポリエチレン等のヒートシール性に優れた素材をラミネートすることで包装材料に適したフィルムにすることができます。

ラミネート方法の種類

  • 押出しラミネート
    ポリエチレン樹脂を溶かし、スリットダイ(直線状の開口部)からフィルム状に押出し、各材質の間に塗布・溶着します。
  • ドライラミネート
    有機溶剤に溶かした接着剤を塗布後一度乾燥させ、各材料を接着します。

ラミネートに使われる主な材料

  • LDPE・LLDPE(ポリエチレン)
  • OPP・CPP(ポリプロピレン)
  • PET(ポリエチレンテレフタレート)※アルミ蒸着、透明蒸着もあり
  • PA(ナイロン・ポリアミド)
  • EVOH(エチレン・ビニルアルコール共重合体)
  • PVC(ポリ塩化ビニル)
  • PVDC(ポリ塩化ビリニデン)
  • AL(アルミ箔)
  • PT(セロファン)

主な加工

印刷 グラビア印刷が主流です。透明フィルムで使用する場合、下地に白を印刷する場合があります。
スリット ラミネート原反を指定寸法(巾&巻きm数)に加工します。
製 袋 抜型にてレジ袋の手提部を抜いたり、穴あけや紐付きタイプに加工をします。抜型にてレジ袋の手提部を抜いたり、穴あけや紐付きタイプに加工をします。

ラミネートフィルムのリサイクルマーク

「プラマーク」が使われ、マーク下に使用材質を表示する場合もあります。
(例)右は主な材質がPEでPETとの複合という表示。
プラマーク

ページの先頭に戻る